月並のごきげんいかが

日常の話,旅行の話,映画の話 とかとか

鬼束ちひろコンサート『シンドローム』の話

鬼束ちひろコンサートツアー2017『シンドローム』について。

Zepp DiverCity TOKYOで行われた追加公演の感想を記します。

 

f:id:contranoah:20170723124851j:plain

 

鬼束ちひろ(以下ちーちゃん)のコンサートに行くのは、昨年7月の『TIGERLILY』(大阪 サンケイホールブリーゼ)ぶりでした。この『TIGERLILY』で“鬼束ちひろ完全復活”なんて言われましたが、最新アルバム『syndrome』を引っ提げての今回のツアー『シンドローム』では、復活どころか、さらに深みを増したちーちゃんが溢れ出ていました。

 

【公演スケジュール】

2017/04/13(木)  CLUB CITTA‘川崎(川崎)

2017/05/01(月)  Zepp Nagoya(名古屋)

2017/05/16(火)  Zepp Namba(大阪)

2017/05/28(日)  仙台電力ホール(仙台)

2017/06/09(金)  福岡国際会議場メインホール(福岡)

2017/06/23(金)  ミュージックタウン音市場(沖縄)

2017/07/07(金)  Zepp Sapporo(札幌)

2017/07/12(水)  中野サンプラザホール(東京)

2017/07/14(金)  メディキット県民文化センター演劇ホール(宮崎) ※追加公演

2017/07/18(火)  Zepp DiverCity TOKYO(東京) ※追加公演

 

【セットリスト】

01. good bye my love

02. 碧の方舟

03. Sweet Hi-Five

04. BORDERLINE

05. 蛍

06. 陽炎

07. 流星群

08. 眩暈

09. 夏の罪

10. 帰り路をなくして

11. ラストメロディー

12. X

13. 悲しみの気球

14. シャンデリア

15. ULTIMATE FICTION

16. 弦葬曲

17. 月光

18. 火の鳥

 

新曲も過去の神曲も盛り盛りだったわけですが、今回は5曲だけ紹介します。

 

『good bye my love』

2016年11月に発売された21枚目のシングルで、前向きに愛の終わりを歌うバラード。アン・ルイスの同名曲からタイトルが取られました。ちーちゃんの歌声がいっぱいいっぱい活かされた曲で、1曲目から一気に引き込まれました。

 

『眩暈』

2001年2月に発売された4枚目のシングルで、別れ話を切り出せない女性の心を歌ったバラード。第43回日本レコード大賞作詩賞を受賞しています。

貴方に聞かせられるような 綺麗な言葉が見当たらない
卑屈になって叫ぶ私を 縛りつける前に 優しくなんかしないで

 

貴方の腕が声が背中がここに在って 私の乾いた地面を雨が打つ
逃げる事など出来ない 貴方は何処までも追って来るって
泣きたい位に分かるから 分かるから

この曲で泣いている人がたくさんいました。客席前方で号泣している女性がいたようで、歌った後にちーちゃんが「大丈夫?」と声をかけていました。優しい。

 

『帰り路をなくして』

2009年7月に発売された16枚目のシングルで、「仕事に、人生に疲れた人たちの応援歌」として「光と闇」を歌ったバラード。めちゃくちゃ良かった。ここで泣きました。

 

『シャンデリア』

2017年2月に発売された7枚目のアルバム『syndrome』の中の1曲で、Siaの『Chandelier』にインスパイアされたという美しい三拍子の曲。実は私は『Chandelier』も大好きで、1, 2, 3 1, 2, 3 drink。


火の鳥

同じく2017年2月に発売された7枚目のアルバム『syndrome』中の1曲で、大切な人の背を押すバラード。「みんなに捧げます」と言って最後に歌ってくれました。

億千の夜を越えて

貴方の翼になり その背を押してゆく

生きる意味など他には何も

要らないから

すべての曲の演奏が終了し、スタンディングオベーションが起こりました。ちーちゃんも泣いていました。「ここ10年ずっとツアーをするのが怖かった」って。10箇所を周るツアーの最終日で、ほっとしたのかもしれません。

 

東京や大阪のみのコンサートツアーや単発のコンサートは開催されていましたが、全国ツアーは2011年の『HOTEL MURDERESS OF ARIZONA ACOUSTIC SHOW』ぶりでした。2013年の『悪戯道化師』の頃とは違い、コンディションも整えられて、バラード中心でたっぷり聴かせるコンサートでした。

 

f:id:contranoah:20170723145947j:plain

ずっと応援してきてよかった。

17年間ありがとう。

これからも応援していきたい。

心からそう思えたコンサートでした。