月並のごきげんいかが

日常の話,旅行の話,映画の話 とかとか

ドコモ(docomo)からマイネオ(mineo)に乗り換えた話

私はかれこれ12年ほどドコモを利用してきたのですが、もう学割もU25割も適用されない年齢になってしまい、今まで以上にケータイの料金の高さが気になり始めました。

 

 

 

ドコモと私は、FOMAからXiまで、パケ・ホーダイ、おサイフケータイプッシュトークワンセグ、絵文字変換、着うたフル、iチャネル、iコンシェル、NOTTVなどなど思い出(?)がいっぱい。でも“ずっとドコモ割”で割引されるのは毎月600円だけ(データMパック5G,ドコモ利用年数10年以上15年未満の場合)。ひどい。というわけでこの腐れ縁(?)を絶つことにしました。

 

 

どこに乗り換えるか

 

 

ドコモで使っていたスマートフォン端末はある。ある程度のことは自分でできるし手厚いサポートは必要ない。音声通話はほとんど使わない。データ通信をメインで使えればよい。海外でもプリペイドSIMで充分だったし、日本でも格安SIMで充分な気がする。そんなこんなで、格安SIMを提供しているMVNOに乗り換えることにしました。

 

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、通信回線設備は大手のキャリア(ドコモ,auソフトバンク)から借用し、自社のブランドで携帯電話などの通信サービスを提供する、いわゆる格安SIMや格安スマホを提供する会社のことです。SIMロックは解除してあるものの、ドコモのAndroid端末で電波を受信するならやっぱりドコモの回線を使用しているMVNOがいいということで、mineo(マイネオ)にしました。ドコモ系MVNOau系やソフトバンク系に比べてめちゃくちゃ多いので、サービスやプランをよく見て選びたいところです。

 

 

なぜmineoを選んだか

 

 

mineoは、家庭用通信サービスのeo光などを提供する関西電力系のケイ・オプティコムが提供しています。auの回線を使用するAプランと、ドコモの回線を使用するDプランを選択することができる、日本初のマルチキャリアMVNOなんです。

 

最後まで迷ったのが、老舗で満足度も高いIIJmio、品質に定評があり価格が安いBIGLOBESNS使用時の通信量がカウントされないLINE MOBILEでした。各社ともデータ通信料にそこまで大きな差はありませんが、通話についてはプランなどの違いがあります。まとめサイトもたくさんあるのでここでは比較しませんが、mineoを選んだ主な理由(メリット)としては、

 

MNP番号ポータビリティ)がスムーズで不通時間が1~2分である

・低速通信であれば速度制限がない、かつバースト機能がありストレスがない

・パケットを預けたり引き出したりできるフリータンクというサービスがある

テザリングが無料でできる(テザリング対応端末かどうかは確認が必要である)

 

といったところです。購入できる端末(機種)の種類が少ないというデメリット以外は、ネット上の評判もまずまずでした。

 

 

ざっくり手順

 

ドコモからmineoへの乗り換え手順を紹介します。

 

MNP予約番号入手

ドコモから転出するためのMNP予約番号を、インターネット(My Docomo)または電話(151)で発行してもらいます。この時点ではまだドコモは解約されていません。

 

②mineoエントリーコード入手

いきなりmineoの新規契約をすると、契約事務手数料3,240円が必要です。ところが、エントリーコード(エントリーパッケージも同じ)をネット通販などで購入し、契約の際に入力(記入)すると、この手数料が0円になります。私はAmazonで909円で購入しました。

※2017年3月時点

 

③mineo契約

公式ウェブサイト又は店頭で契約します。この時にMNP予約番号とエントリーコードを忘れずに入力(記入)します。

 

SIMカード交換

mineoのSIMカードが届いたら、スマートフォン端末からドコモのSIMカードUIMカード)を抜き、mineoのSIMカードを差します。

 

MNP転入切り替え

インターネットに接続したパソコンやタブレット端末から、回線切り替えの手続きをします。この時点でドコモは解約され、MNP転出手数料2,000円がドコモより翌月請求されます。

 

 

ざっくり料金

 

ドコモの料金明細はめちゃくちゃ細かいので紹介しませんが、私の場合は端末の分割支払分を差し引いて料金はざっくり7,500円/月でした。そしてmineoに変えたところ、

 

月額料金 デュアルタイプ(データ+通話)5GB 2,464円/月

従量料金 20円/30秒 ※通話にかかる料金

 

というわけで、通話をしなければざっくり2,500円/月、合計10分ほど通話をするとざっくり3,000円/月、ドコモと比較するとかなり安くなりました。

 

人によってはプランの契約更新月を逃して解約金が発生したり、端末の分割支払分が多く残っていたりして、転出にかかる費用が大きいかもしれません。私の場合は、契約更新月のため解約金は必要ありませんでしたが、端末の分割支払分は残っていました。それでも、乗り換えて月々5,000円ほど安くなるため半年ほどでペイできます。

 

 

キャンペーン

 

もし、mineoへ乗り換えるぞという方は、

 

 

mineo.jp

 

↑ こちらの紹介ページよりお申込みください。

あなたにも、わたしにも(笑)、Amazonギフト券2,000円分がプレゼントされます。

 

 

ドコモと私、約12年のお付き合いありがとうございました。